非日常にまつわるエトセトラ

東京は上野にありますオートバイ用品店ラビーの店長が当店ご利用の女性のお客様で運転歴が浅いまたは初心者の方をメインにしつつ、そこそこの運転歴のある方なども含め肩肘張らずに走り、かつ「まったり(笑)」を忘れない内容でお連れしたツーリングと言う非日常をメインに紹介しております(^^)

2022年の思い出 その②

毎年春先は周期的に天気が変わったり天気が良くても風の強い日もあり予報もギリギリまで確定しないなんて日もありますが、今回出掛けた4月上旬のある日も前日になって風も弱く雲が多めながらも雨は降らずの予報になりましてね(^^ゞ
f:id:miai4935:20220417113459j:plain
さて今回はホンダレブル250のオーナーとなった「さきえちゃん」を連れてお互いに基本的な感染対策をしてのお出掛けなんですが、さきえちゃんは公道での走行に多少不安があるようでしてなるべく走るにあたってストレスの少ないルートで行ける場所って感じで、都心を起点とした幹線道路の中では道中での渋滞が比較的少ないR6を使い更に幹線道路を離れたら、グッと交通量が少なくなり殆どが平坦で直線の多いルートで気負いせずに走って行ける茨城県美浦村を最終目的地としたお品書きを用意したんですが、さきえちゃんからすると片道約100キロの距離を走る大アドベンチャーになりますがそこはワタシが連れて行くツーリングですんで、途中休憩や昼ゴハンを食べつつ走る距離に対しての疲労が必要以上に発生しない内容にして、さきえちゃんにはとにかく終始リラックスして走ってもらえる状況を保って行けば帰る頃には楽しい非日常感を味わいながら走った1日になるんじゃないかと(^.^)
いや、引率者のワタシがそーさせないと(^^ゞ
f:id:miai4935:20220417113527j:plain
迎えたお出掛けの日は都内某所でさきえちゃんと待ち合わせ後は幹線道路のR6を走り、途中にある坂道では信号待ちでの坂道発進にならないように速度を加減して坂道を止まらずに通過出来るよう先導しつつ、柏市内に入る手前からは交通量の少ない県道に入り片側一車線をゆるりと走り最初のコンビニ休憩をし、そこから更に40分ぐらい走って2回目のコンビニ休憩を取りながら到着したのが千葉県栄町にある「天名屋」と言う和菓子屋さんです(^^)
f:id:miai4935:20220417113605j:plain
実はこの和菓子屋さんに行くのってお品書きには入れてなかったんですが、せっかくこっち方面に来るんでさきえちゃんの了解のもと立ち寄ってみたら、なんとも気さくな店主さまと奥様が色々な話を聞かせてくれたことでさきえちゃんもワタシも、ツーリングと言う遊びで得られる人との出会いの楽しさを味わえた展開になりました(^o^)
f:id:miai4935:20220417113637j:plain
f:id:miai4935:20220417113702j:plain

和菓子屋さんを出発し走ること約15分で到着したR356沿いにある「水と緑の運動広場」は平日に限って言えば桜とバイクを絡めた写真が撮りやすいスポットなんですが、出掛けたこの日も平日だったので見事なくらい人が少ない「密ゼロ状態」で写真も撮りたい放題(笑)
f:id:miai4935:20220417113824j:plain
f:id:miai4935:20220417113905j:plain
f:id:miai4935:20220417113940j:plain
f:id:miai4935:20220417114004j:plain
ピクニック気分で小腹対策をしながら桜も堪能した後はお昼ゴハンって流れでR356からR408を使って利根川を渡り、茨城県河内町に入り街道沿いにある茨城県河内町のなるみ食堂へ(^^)
f:id:miai4935:20220417114053j:plain
店内はメニュー豊富なまさに「THE 食堂」と言った感じでしかも先程の和菓子屋さん以上に気さくな店主さまと奥様から色々な話の波状攻撃もありつつ(笑)、肝心なそれぞれが頼んだゴハンもかなり美味しく会計後には嬉しい心遣いも頂き、お品書きに入れて大正解の食事処は「旅感」をこれでもかとアップさせてくれました(^o^)v
f:id:miai4935:20220417114120j:plain
f:id:miai4935:20220417114142j:plain

食事後は殆ど直線の道を快適に走り桜とバイクの写真も途中で撮りつつ、今回のツーリングでの最終目的地となるコンクリートで固められた湖畔から霞ヶ浦を眺望出来る大山スロープへ!
f:id:miai4935:20220417114229j:plain
f:id:miai4935:20220417114250j:plain
この場所は土日になるとジェットスキーヤーで大混雑してしまうんですが平日なら貸切状態なんですが、さきえちゃんにはもっと天気の良い日にここからの眺めを見せたかったなぁ(^^ゞ
f:id:miai4935:20220417114325j:plain
f:id:miai4935:20220417114354j:plain
f:id:miai4935:20220417114417j:plain

大山スロープからは帰路になりますが途中でコンビニ休憩を入れてからR125を土浦方面へと走り、この日最後に立ち寄る霞ヶ浦に面した小さな漁港にて旅の記録をカメラに収めつつ、にゃんこと対面したりで暫し過ごし……
f:id:miai4935:20220417114446j:plain
f:id:miai4935:20220417114508j:plain
f:id:miai4935:20220417114528j:plain
そんなゆったりと時間が流れる場所から途中休憩を入れつつ日常の場所へと走り、その途中のR6ではこの日の非日常感を締めくくる鮮やかな夕陽も見れた春の1日はさきえちゃんにとって、ツーリングと言うバイクでの遊びを無理なく不安なく走れて楽しむことが出来たようですしワタシも引率者としての責務を果たせたかなと(^^ゞ
f:id:miai4935:20220417114612j:plain
そんな道中を終始笑顔で居てくれたさきえちゃん……
朝早くから大変お疲れさまでしたぁ(^^)

~エピローグ~
バイクでの走り方に遊び方はホント人それぞれですが、走る上で不得手に思っているコトを頑張って克服して運転スキルを上げた結果、事故や怪我の回避に繋がることがあるのは事実ですがそこそこに「発進・走行・曲がる・停止」が出来れば、無理なコトを克服出来なくても楽しむことは出来るとワタシは思ってるんですね(^^)
仕事でなく趣味に有限である時間を使うなら必要以上に気負いせずに楽しむ方が、選んだ趣味を楽しい思い出メインで沢山残せるんじゃないかなって。
f:id:miai4935:20220417114655j:plain
f:id:miai4935:20220417115701j:plain
バイクは「急がず焦らず慌てず合わせず」で決して自らが事故を誘発させるようは走り方はせず、まったりとスローライフを楽しむぐらいが丁度良いんじゃないのってのがワタシの基本線ですし今回用意したお品書きもある意味「毎度毎度」の内容ですが(笑)、趣味は無理に頑張らずに得られる楽しみ方で遊ぶのも大いにアリだと思ってますし、楽に走れるルートで「走る楽しさ=無理しないバイクの楽しみ方」を実感する方が精神衛生上も良いのは間違いないかなぁって(^o^)
f:id:miai4935:20220417114721j:plain
f:id:miai4935:20220417115737j:plain